• HOME
  • 企業紹介
  • 事業フィールド
  • 私たちの仕事
  • 先輩メッセージ
  • 採用データ

ホーム>トピックス >開通間近の群馬県の国道17号バイパスで現場見学会を開催

開通間近の群馬県の国道17号バイパスで現場見学会を開催

2017年3月2日

世紀東急工業は去る3月2日に群馬県前橋市で、国土交通省関東地方整備局高崎河川国道事務所発注で同社が施工する、国道17号上武道路の舗装工事現場において、群馬県立勢多農林高等学校緑地土木科2年生約40人を招いて見学会を開催した。

ドローンによる集合写真

 国道17号バイパスとなる上武道路の未開通区間(前橋市上細井町から田口町)3.5kmのうち、同社は約1.6kmを担当。来たる3月19日(日)の同区間開通により、延長40.5kmが全通する。

 今回の現場見学会で学生たちは、「ドローンを活用した技術管理手法」や「舗装技術及び特殊舗装の概要」などの説明を受けた後、開通を間近に控えた上武道路を歩き、またドローンの実演を見学した。

職員から説明を受ける前、やや緊張な面持ちの生徒たち

エントリー
エントリー
インターンシップ
インターンシップ
採用情報
FAQ

pagetop