美しい時代へ 東急グループ

ディスクロージャ・ポリシー

基本方針

当社は、会社法、金融商品取引法、その他の関連法令および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」)等の諸規則を順守し、適時適切かつ公平に情報を開示します。
また、法令等に基づく開示事項以外の情報についても、ステークホルダーの理解に資すると判断した情報については、可能な限り積極的に開示いたします。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報については、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(以下、「TDnet」)にて開示しています。また、情報開示の適時性・公平性の観点から、TDnetの公開が完了し、インサイダー取引規制上の公表措置が完了した後、当社ウェブサイトにも、可能な限り速やかに掲載いたします。
なお、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえ、できるだけ当該情報が公正に伝達されるよう努めております。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、決算(四半期決算を含む)期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間として設定しております。この期間は、決算および業績の見通し等に関する問い合わせへの回答やコメントは差し控えさせていただきますので、ご了承願います。ただし、この沈黙期間中に、業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則等に従い、適切に開示いたします。

第三者への情報開示

当社は、未公表の重要な情報を特定の者のみに開示することはせず、株主、機関投資家、アナリスト等との対話においても、既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境など、公表された情報に限り言及いたします。
なお、万一、未公表の重要な情報を、意図せず特定の者に伝達した場合には、法令の定めに従い、速やかに必要な措置を講じるものといたします。

第三者による情報

当社は、第三者による当社に関するコメント、業績予想等については一切責任を負いません。