美しい時代へ 東急グループ

事業案内

CIM

(一般名称:CIM(Construction Information Modeling))

工事現場や道路を3次元モデル化し、建設生産システムの効率化を図ります
CIM

概要

・3次元モデルを導入することにより、完成後のイメージがつかみやすくなるとともに、さまざまなシミュレーションを行うことができます。さらに3次元モデルに情報を追加し、連携発展させることにより、一連の建設生産システムの効率化を図ります
CIM

特長

・埋設物の見える化でわかり易い
・埋設物同士の干渉がわかり施工方法検討に役立ちます
トレーサビリティがとれるため将来の道路計画に有効です
CIM

用途

・情報ボックス工事
CIM