美しい時代へ 東急グループ

事業案内

マーシスタビ工法

(一般名称:超軟弱地盤安定処理工法)

・超軟弱な土質の地盤を改良し、道路や宅地などに利用できるようにします
マーシスタビ工法

概要

・沼地や埋立地など超軟弱な地盤を、特殊スタビライザ「マーシスタビライザ」を用いて安定処理して、道路や工場用地に利用できるようにする工法です
・安定材としては、主に石灰を用い、現地土と撹拌混合することで効果的な安定処理を施します
マーシスタビ工法

特長

・本工法の安定処理深さは、通常1mですが、場合によっては最大1.5mの深さまで地盤安定処理を行うことができます
・「マーシスタビライザ」は、両サイドに空洞の浮きを抱えており、水上でも浮くことができるため、湿地帯など人が歩けないような超軟弱土にも適用可能です
・現地土の脱水や捨土などの作業が不要であり、工期が大幅に短縮できます
・現状土を有効に使用できるので、環境に優しい経済的な工法です

用途

・埋立地・湿地帯・沼地などの土質改良