美しい時代へ 東急グループ

事業案内

・現道で、既設のアスファルト混合物と路盤を一度に破砕したものを原料にして、新しい路盤をつくります
現道再生工法

概要

・既設アスファルト舗装のアスファルト混合物層と、粒状路盤の一部をその場で破砕し、セメントやアスファルト乳剤の添加剤と撹拌混合した後、整正・転圧して、再生路盤を構築する工法です
・本工法に用いる特殊スタビライザの最大混合深さは40cmで、厚さ10cmまでのアスファルト混合物層を破砕することができます
現道再生工法

特長

・現道材料を使用するので、打換えによる廃棄材料の発生がありません
・既設アスファルト混合物、既設粒状路盤材を主骨材として再生路盤材を造るので、環境に優しく、経済的な工法です
現道再生工法

用途

軽交通路線