美しい時代へ 東急グループ

会社情報

コンプライアンス

当社グループのコンプライアンス

当社グループでは、法令順守はもとより企業倫理や環境問題等をはじめとする社会的責任に基づいた企業行動の徹底を図るため、「世紀東急工業グループコンプライアンス行動規範」を策定し、その周知に努めるとともに、必要に応じて見直しを行っております。
世紀東急工業グループコンプライアンス行動規範
  • 業務の遂行にあたり、安全が全てに優先することを認識する。
  • 法令等の順守はもとより、社内ルールに則った公正かつ透明な事業活動を行う。
  • 公正かつ透明な意思決定を行う。
  • タイムリー・ディスクロ-ジャーを適切かつ公平に行う。
  • 適正な会計処理と報告を行う。
  • マーケットを重視し、顧客に信頼される商品を提供する。
  • 環境に関する法令等を順守し、環境に配慮した企業活動を行う。
  • 反社会的勢力とは一切関係を持たず、また不当要求に対しては毅然とした態度で対応する。
  • 健全かつ良好な職場環境を整備し、維持する。
  • 電子情報等の公正な活用、信頼性の維持および機密保持をはかる。
  • 知的財産および営業秘密の重要性を認識し、適切な取扱いに留意する。
  • 公私の区別をつけ、会社の利益に反する行為をしない。
  • インサイダー取引や疑いを持たれるような株式等の売買を行わない。
法令等順守に係る問題を一元的に管理するコンプライアンス担当部門を設置するとともに、各部門にコンプライアンス推進責任者を配置し、法令等順守の体制を構築しております。
コンプライアンス担当部門にコンプライアンス相談窓口を設置し、法令等に違反する行為に関する相談または通報を、当社およびグループ会社の従業員等から直接受け付け、違反行為の未然防止、早期発見と是正を図っております。なお、相談または通報された内容および調査結果等については、経営会議および取締役会にて報告されます。
独占禁止法違反行為を断固排除するため、独占禁止法順守マニュアルを適宜改定するとともに、違反者への厳格な社内処分の実施、独占禁止法違反に特化した相談窓口の設置、教育
  • 研修の徹底、適切な人事ローテーション、内部監査など、社内体制を整備しております。
  • 独占禁止法違反行為について

    当社グループでは独占禁止法違反行為の徹底排除に向け、再発防止に全力を挙げて取り組み、早期の信頼回復に努めてまいります。

    一連の独占禁止法違反行為にかかる時系列の整理

    独占禁止法違反に関連する開示
      
    2019年08月07日 調査委員会の設置に関するお知らせ
    2019年07月30日公正取引委員会からの排除措置命令および課徴金納付命令について(アスファルト合材の販売に関して)
    2019年03月07日 公正取引委員会からの意見聴取通知書の受領について(アスファルト合材の販売に関して)
    2018年06月07日 建設業法に基づく営業停止処分に関するお知らせ
    2018年03月28日 公正取引委員会からの課徴金納付命令について(東京港埠頭株式会社発注の舗装工事に関して)
    2017年02月28日 公正取引委員会による立入検査について (アスファルト合材の販売に関して)
    2016年11月17日 建設業法に基づく営業停止処分に関するお知らせ
    2016年09月29日 公正取引委員会による立入検査について(神戸市周辺地域におけるアスファルト合材の販売に関して)
    2016年09月21日 公正取引委員会からの排除措置命令について(東日本高速道路株式会社関東支社発注の舗装災害復旧工事に関して)
    2016年09月14日 取締役報酬の自主返上に関するお知らせ
    2016年09月06日 公正取引委員会からの排除措置命令について(東日本高速道路株式会社東北支社発注の舗装災害復旧工事に関して)
    2016年08月02日 公正取引委員会による立入検査について(東京都等発注の舗装工事に関して)
    2016年03月25日 独占禁止法順守に向けた再発防止策について
    2016年03月24日 公正取引委員会による立入検査について(東日本高速道路株式会社関東支社発注の舗装災害復旧工事に関して)
    2016年03月04日 東日本高速道路株式会社東北支社発注工事の入札に関する調査等への当社の対応について
    2016年01月21日 東京地方検察庁による強制捜査および公正取引委員会による立入検査について
    2015年01月29日 公正取引委員会による立入り調査について(東日本高速道路株式会社東北支社および国土交通省東北地方整備局発注の工事に関して)